タグ:ひとりごと ( 5 ) タグの人気記事

本『はなべろ』




4月、新年度はじまり。

今日も寒い一日。
仕事だったけど、外は凍える寒さでした。

こんな4月スタートも珍しい。
それでも明日から春らしいお天気よね?

期待します。


本つづきで。



e0367274_21253719.jpg



高山なおみさんの本。

たくさんの本の話しと、そこに書かれている食べ物のこと。
その食べ物をイメージして料理したものと、レシピが載っている。

高山さんといえば、料理家。
どこか懐かしい料理に惹かれます。

私も本や映画、絵本に出てくる料理はとっても気になる。
ぐりとぐらのホットケーキが一番最初かな。

赤毛のアンのお菓子もとっても美味しそうだし、
ジブリ映画の食べ物もかなりそそられる。
ハウルの動く城でハウルがつくる、ベーコンエッグなんてたまらないもの。笑


そんなわけで、この本もいろんな意味でおいしい一冊です。笑


e0367274_10410411.gif

3月

またひとつ歳を重ねた月。
いろんなことが盛りだくさんだったような気がします。

はじめてのことがいくつか。
コーヒーの自家焙煎もそのひとつ。
そういう意味では初めてのことを楽しんだ月。


もうひとつ嬉しいことは、畑の収穫。
去年の春から借りている畑。

幾つかに仕切られ数名で借りています。
私は草と共生、無肥料無農薬、不耕起の畑をやりたくて、
雑草もあまり刈り取らず苗の部分だけ刈るようにしてました。
他の人たちは草を生やさないので正直肩身が狭い。

それでも夏草は根を残して地上部だけ刈り、
刈った草はそのまま置いて自然な肥料に。
かなり荒療法だったので、収穫はかなり寂しかったです。
(前に借りていた方は除草していたので、土本来の力は少なかったよう)

そんな畑に去年の秋に植えたのが、ブロッコリー、キャベツ。
種まき組の、にんじん、小松菜。
実はあまり期待していなくて、畑もそんなに行ってなかった。
ところがものすごく立派に成長していて、びっくり。

キャベツは虫害もなく結球し、ブロッコリーも大収穫。
小松菜も立派な株になって、まだまだ食べられる。
ブロッコリーも小松菜もとっても美味しい。

草の根が耕してくれて、刈った草は自然に返り肥やしとなる。
積んであった草の部分も分解されていろんな虫の住処になっている。
根が耕してくれた土は驚くほどフカフカで、支柱がグッと深く刺さります。

借りてから、化学肥料も堆肥も、もちろん薬なんてゼロ。
水も雨のみ。
ビニールのマルチなども一切しないので、むき出しの苗状態。
それでも十分に成長してました。

土の力ってすごい。
収穫した野菜を料理しながら、
こんなにしあわせなことってないとしみじみ実感です。

今年の春の計画も立てながら、
畑仕事を楽しんでいます。



長くなりましたが、皆が無事に過ごせたことに感謝。
3月もおつかれさん。







[PR]
by treebookcoffee | 2017-04-01 22:17 | | Comments(6)



冷たい雨の日曜日。

職場の忙しさも少し一息。

と言っても、これから徐々にシーズンに入り、
一年で一番忙しい季節がやってくる。


今年のバラはどうだろうか。


e0367274_08250451.jpg


長く咲いてくれているクリスマスローズ。






楽しいことを書くと決めているブログ。
ちょっと今日はイレギュラー。

実は誕生日前の数日間、自分を変えたいと強く思っていました。
そんな思いで、『ほめくり、修造!』をお願いしたり。笑


ワタシ、かなりそそっかしい人。
家でやるなら笑えるけれど、外でやると自分も疲れる。

誰かがやっているのを見るのは平気で、むしろ和んでホッとして、好きだなと思える。
でも、自分のこととなると最近は笑えなかった。

もっとこう、そつなくこなせないものかと。
ミスをしたわけではないけれど、軽く凹んで凹む自分も嫌でした。

で、ふと
こんな自分は嫌だと思ったけど、気になるってことは変わりたいと思っていることで、
変わりたいと思うことは、成長したいと思っていることで。

一気に気持ちが楽になって、
いろんなことがスムースに運び出した。

最近忘れていた。
ありのままを受け入れること。
自分を認めること。

思い出してよかった。

否定からはプラスは生まれないんだなと思うできごとでした。



今週もおつかれさん。






[PR]
by treebookcoffee | 2017-03-26 13:40 | 自然 | Comments(4)

会いたい人に会いにいく




「50歳からはじまる、あたらしい暮らし」

一気に読み終えました。


よかった。

すべてに共感したわけではないけれど、
読み終わった後の心地よさがありました。


ひとことで言うと、シンプルな生き方。

自分がそういう生き方を望んでいるので、
そこはストンと落ちました。


これまでの時間、人との関係、暮らしに必要なもの、住む場所の選択、
そして、いつか必ずおとずれること のために・・・。


中でも後半の、

会いたい人に会いにいく、ともにすごす

を読んだとき、涙が溢れました。


いつか はないかもしれない 
と思っているから。


ワタシも年を重ねてより強く思うようになりました。

会えるときに会う、会いたいなら会いに行く。
そう思います。


ときどき思うことがあります。
もしも生まれ変われるとしたら、また会いたい人は?

浮かんでくる人はいつも同じ。
そう思える人に出会えたことに、ありがとうって思います。


この 会いたい人に・・・のラスト

それぞれ、生活や仕事があり、その時間のなかで、
相手を尊重し、自分のことも尊重する。
人生という時間のなかで、重なり合うとき---------。
いま、会いたい人はだれですか?

(本文より引用)


最近、12年ぶりに恩師に会いました。

それぞれの人生を生きながら、12年の間をあけてまた互いの時間が重なったのだと思ったとき、
目から鱗が落ちたような、感動のような思いが溢れてきました。

お互いの人生に関わっているんだなと。
それがとてもいい関係で、空白を飛び越えつい最近も会ったかのように過ごせることに、
とてもシアワセな気持ちになりました。

それが叶ったのは、会いに行くという行動。
もらった年賀状の何気ない一言がきっかけ。

ワタシの生き方に大きく影響している人だから、より嬉しかった。

みなさんは会いたい人、いますか?





e0367274_18544107.jpg



動き出せば、うれしいことが待っています。







[PR]
by treebookcoffee | 2017-01-26 19:26 | | Comments(4)






e0367274_10563573.jpg



今年の春に49歳になるワタシ。

40代の締めくくりと、50代への意気込みを(笑)ふと考える。


50代に対するプレッシャーみたいなものはなくて、
逆に今が一番楽しい。



広瀬さんの本は何冊か持っていて、やわらかく穏やかな文章が気に入っています。

「50歳からはじまる、あたらしい暮らし」

このタイトルにぐっと惹かれました。


あたらしい暮らし・・・いいね。


まだ読み始めたばかりだけど、
読みながら ときどき自分の成長を感じています。


気にすると辛くなるようなことも、
楽に通り抜けている自分に気付いたこと。
これは今まで読んできた本のおかげです。


広瀬さんの思う、50歳。
共感したり、ほぅ・・・と思ったり。


その中で目に留まったこの言葉。

手に持てるだけのものにして、これから「かろやかに」生きていく。
(本文より引用)


極力ものがなく、でも居心地のいい暮らしと、
自由に颯爽と生きる様子が浮かんだ。


ワタシも、来年あたらしいスタートを切るために、
少しずつ暮らしを見直していこう。


この本が読み終わったら、何を思っているんだろ。
それもまた楽しみ。






[PR]
by treebookcoffee | 2017-01-25 11:34 | | Comments(6)

言葉で伝えること




突然ですが、
人と話すのは好きなのに、変なところで躊躇することがあります。


例えばブログ。

お邪魔して記事を読んで、
うんうん すごい キレイ 共感。

読みながらいろいろな思いを感じているけど、
自分の中で終わってしまうことある。


今回、新規にスタートすることで、知らせたいと思いながら、
読み逃げばかりで申し訳ないという思いがぶわっと湧いてきました。

それでも、やっぱり伝えたくて・・・。

そんな気持ちに、それ以上の大きなものをもらったことが、
とってもうれしかったです。


話しをする、気持ちを伝えるって大事だなぁとあらためて思いました。


ブログ以外でも、家族だったり友人だったり、
思ってるけどあえて伝えていないこと。


時には言葉にして伝えること、
今年はそんなことを意識したいと思いました。




e0367274_08020918.jpg








[PR]
by treebookcoffee | 2017-01-15 08:16 | 日々

緑にかこまれたログで、のんびり本と珈琲が夢


by ari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30